top of page

御成道研究会 第2回 案内

更新日:5月20日

「御成道を未来に繋げる」


この丸園ブログで、御成道研究会の告知をさせて頂ています。 ※5月20日時点で参加定員になり、申込受付は停止させて頂ています。

 お問合せの場合は、当HP問合せフォーム、もしくは電話にてご一報を頂ければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

御成道研究会 発会記念講演(3/16)では、「知っているようで実はそこまで知らなかった・・・」等という感想も多くいただき、おかげ様で充実した内容で実施することができました。

私共では今後とも御成道を軸に、地域の歴史を紐解き、未来に繋げる活動を継続してまいります。


美園地区を南北に貫く「御成道」は江戸と直結し、荒川を隔てながらも、将軍の日光社参に限らず、庶民にとっても江戸との文化交流の起点になっていたとも考えられます。

一方、近年では、埼玉高速鉄道の開通、埼玉スタジアム2002のオープン以降、現在は順天堂大学病院開院も控えており、美園での都市開発も急加速しています。

このような変化の中、御成道をどのように捉えて、今後・後生に繋げる道筋が描けるか、第2回目の御成道研究会では皆様と一緒に考えてまいりたいと思います。


             大門・御成道沿い 大興寺 三つ葉葵の門扉


今回は、培った/培っていく歴史認識を今後、どのような容(かたち)でアウトプットしていくことが良いのか、当会代表の村上から課題提起をさせて頂きます。その後、参加者が自身で感じていること・思っていること等についてディスカッションできる場(座談会形式)を設けさせて頂きます。


★★★お気軽にご参加ください★★★

御成道の歴史に既に詳しい方、これから学ぼうとしている方、地元の歴史や御成道にご関心のある方であれば、どなたでもお気軽に参加できます。

今回は定員人数も少ないことから、お早目のお申し込みを頂ければ幸いです。


《主な内容》

1.課題提起「御成道を未来に繋げる

・御成道を軸とした江戸と美園の文化交流

・副都心の意味、時代は副都心

・それを活かした街づくり  ・人生100年時代(老後)

2.参加者によるディスカッション


《日 時》 2024年6月8日(土)  13時30分~15時30分

《会 場》 美園コミュニティセンター 第2集会室       浦和美園駅東口より徒歩1分

《講 師》 村上 明夫(御成道研究会代表)

《参加費》 ¥300(税込み)/1人 資料・会場整理費 当日受付にて納入

《定 員》 13人

《主 催》 御成道研究会

《後 援》 一般社団法人埼玉県物産観光協会 埼玉高速鉄道株式会社 


■参加申込方法■ ※事前申し込みが必要です。  

e-mailもしくは電話にて、参加者氏名・連絡先(e-mail&電話)をご連絡ください。 (受付名簿作成にあたり、ご参加される各人の氏名をお知らせ下さい)

※e-mailであれば事務手続きなどもスムーズで助かります

御成道研究会 事務局 丸 志伸(まる しのぶ)

連絡先 e-mail shinobu.maru@bestsaitama.com  

電話 090-8348-0288


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《御成道研究会について》

美園地区の歴史的象徴とも言える「日光御成道」を基に、美園地区に住む・関わる人々が歴史認識を共有し、今後、なお一層、地域への愛着やプライドを高める機会を拡大することを目的に2023年11月に発会しました。主な活動としては当会メンバー・参画者等による課題提起やプレゼンテーション、議論の場を継続的に設けて参ります。多くの方に当会に関わって頂きながら、地域の歴史の中から見えてくる将来への道筋を描く活動を続けて参ります。


〈発会メンバー〉代表 村上 明夫

相談役 會田 真言 青木 義脩 荻野 洋(埼玉高速鉄道株式会社 代表取締役社長)

事務局 丸 志伸


〈事務局所在地〉さいたま市緑区上野田492番地 丸園(運営;株式会社ベストワーク)事業所内 

連絡先 e-mail shinobu.maru@bestsaitama.com 電話090-8348-0288e-mail




Comments


bottom of page