top of page

丸園の釜炒り茶体験とは

都心からわずか25㎞程度の場所で今日なお維持された農村原風景の中、ご自身の手触り感を基につくる、質朴さの中にも深みのある味を愉む体験コースです。 100年以上前に植栽され、農薬不使用・無肥料で、品種改良されていない日本在来種の茶ノ木から茶葉を摘み、鉄釜で炒る・乾かす、揉む・・・の工程を経て、試飲までを体験頂きます。 茶葉摘み~完成までの全工程(一から四番炒り),仕上がり茶葉持ち帰りに加え、 「釜炒り(三~四番)」乾燥時間で、茶葉や獲れたて野菜の天ぷら等の喫茶、茶塩解説を含みます。(所要時間約5時間)

3.釜炒り茶場面一番炒り.jpg

​体験コース料金表

  • 1名様でのお申込:4,500円(税込)

​かじゅある盆栽づくり体験

​カレンダーから選択をしてください。

釜炒り茶体験
参加の流れ

01

1_edited_edited_edited.jpg

01

​さいたま市におけるお茶生産の歴史や茶葉の摘み方について理解します。

2_edited_edited.jpg

02

100年以上前から農薬不使用・無肥料で植栽されている茶ノ木から茶葉を手摘みします。

03

3_edited.jpg

03

​いよいよ釜炒りの開始です。250~300度に熱した鉄釜で茶葉を炒ります。

4_edited_edited.jpg

04

​体重をかけながら、ゆっくりと揉捻を繰り返すことで、2杯目も美味しい煎の利く茶葉に仕上がります。

5_edited.jpg

05

​だいぶ釜炒りも進み、完成に近づいてきました。お茶の良い香りがしています。

6_edited.jpg

06

​釜炒りも終盤になり、休憩も兼ねて、丸園で収穫された野菜や茶葉の天ぷらを楽しんで頂きます。

釜炒り茶出来上がりりサイズ済Tiny済.jpg

07

​釜炒り茶の出来上がりです。お茶の色/水色は金色で、香りも強くでています。

04

​よくあるご質問

①出来上がったお茶は持ち帰ることができるのでしょうか。
参加者全員で制作した完成物を、参加人数で分けて、アルミ製パックに入れて、各人お持ち帰りいただきます。ご自宅でも釜炒り茶をお愉しみください。

②どのような方々が、どんな関心があって参加されているのでしょうか。
釜炒り茶はなかなかできない体験なので、純粋にお茶が好きで自分で作り方を体験したい方、 日頃飲んでいる煎茶とは異なるお茶を愉しみたい方、日本茶や中国茶に関わる仕事をされている方、 学校の自由研究課題として学習をされる方等々様々な方が参加されています。

③持ち物で必要なものはありますでしょうか。 ⇒Ans 必要備品は全て会場に用意されています。 男女ともに 、虫刺され防止にて長袖・長ズボン、動きやすい靴・服装でお越しください。 焦げにくい素材のエプロンで普段使っておられるものがあればお持ちください(会場に無料貸与エプロンはあります)

​参加者の声

手摘みした茶葉が、一番炒りでたくさんの蒸気でたり、四番炒りでは、まったくと言って良いほど、水分が茶葉から無くなっている等、釜炒りのすれぞれの工程で茶葉が変化していく様子が興味深かった。(40代男性)

釜炒り体験者3りサイズ済Tiny済.jpg

お茶の作り方だけではなく、地元史とお茶の関係や釜炒り茶の歴史などの話もあり、体験も含めて多くのことを学べた。あっと言う間に5時間が過ぎた。(50代女性)

釜炒り茶QA2参加者全.jpg

4番炒りの途中で、茶葉や丸園野菜の天ぷらを食べたが、お茶だけではなく昔ながらののんびりした時間を過ごせたことがよかった。 日頃の忙しさを忘れてリラックスしつつ、お茶を自分でつくるという珍しい体験ができた。(30代女性

釜炒り茶体験3りサイズ済.JPG

盆栽づくり体験申し込みはこちら​

盆栽づくり体験のお申し込みは下記のボタンを押してください。

​「じゃらん」のサイトに飛びます。

bottom of page